分煙機の役割について

分煙機と言うのをご存じでしょうか。

喫煙をする人であれば知っている人も多いものなのですが、分煙機は喫煙を行う場所に取り付けられている空調設備の一つです。

煙草の煙は有害とされるニコチンが多く含まれており、家の中などで喫煙を行っていると、煙草を吸わない家族にも害を及ぼすと言われているのです。



これは受動喫煙と呼ばれるもので、煙草を吸わない人や煙草を吸っている人の中で煙草を吸う事で、人が吐き出した煙を吸い込む事で喫煙をしているのと同じ影響を及ぼすというものなのです。

煙草を吸わない人にとっては有害となりますし、喫煙所などで煙草を吸っている時なども、他の人が吐き出した煙をそこで吸う事で受動喫煙と言う形になり、肺ガンのリスクが高くなると言われているのです。
分煙機はこうした受動喫煙の防止にも役立てる事が出来るのが特徴なのです。



喫煙所で煙草を吸う場合は他の人も喫煙を行っていますので、他の人が吸っている煙草の煙を吸い込む事になるのです。



しかし、分煙機が有ることで、他の人が吐き出した煙や、灰皿においてある時に立ち上る煙などが分煙機が吸引をしてくれるため、受動喫煙を防止する事が出来ると言う事なのです。

機械の内部にはフィルターが付いており、そのフィルター部分で有害な物質を除去し、綺麗な空気だけを排出するため、空気の循環作用を持っているのが特徴で、喫煙所の中にある有害な煙を綺麗な空気に替えてくれる役割があるのです。