ケータリング経営において大事な事

最近ケータリング業を頻繁に見ることができます。
特に飲食に関連するものを多く見ることができるのです。


デフレ経済のあおりを受け、めっきり家族ぐるみで外食をする人が減ってしまったのです。

外食を控え自宅で少しだけ贅沢な食事や食品を楽しもうとする傾向が強くなっているのです。
そこで外食産業の王であったファミリーレストランの多くが、ケータリングサービスを実施しており、レストランでの食事が自宅でも可能になっているのです。こうしたうち食、自宅でプチ贅沢の傾向をうけて、ケータリングサービスの経営に乗り出そうとする人も多いのです。


しかし素人がファミリーレストランなどを競争相手として経営にのりださなければいけない状況でもあるのです。


そのためファミリーレストランや、仕出し屋、ピザ屋などと同じようなサービスでは経営を成り立たせたり、厳しい競争を勝ち抜いていくことはできません。

大手競合他社にない特色、特徴を持って経営をしていくことが大事だと言えるのです。有機野菜だけを使ったお弁当、自然食に特化した出前、シェフ同行でテーブルセッティングから片づけまでを請け負うケータリング、糖尿病や高血圧に特化したお弁当の出前など大手ではなかなかできないサービスを盛り込んだものを提供することが生き残りの道だと言えるでしょう。
デフレ経済の日本では、各家庭だけでなく、企業の宴会や接待でもケータリングを利用しようと言う動きが見られ、まだまだ可能性があるサービスなのです。

https://www.facebook.com/totoskkitchen
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/summary/
https://www.facebook.com/takoyaki.miko

中目黒のおしゃれバーの喜びの声を頂いています。

会議で弁当についてわかりやすく説明しています。

小牧の鰻に興味ある方、必見です。

話題になっているベジタリアンケータリング情報のお得な利用法をお教えします。

ベジタリアンケータリングの情報を簡単に探すことができます。

MENU